電子書籍版「ミッドウェー海戦が示唆する勝利の法則」

電子書籍版「ミッドウェー海戦が示唆する勝利の法則」

mid2

ミッドウェー海戦が示唆する 勝利の法則: 工学博士が執筆する科学的な戦争アプローチ [Kindle版]

同書は、著者が、工業力が戦争の帰趨を決めるという日本における工業力万能神話に疑問を持ち、工業力と戦力の相互作用に注目、微分方程式を用いて相互作用を記述、分析したことが、きっかけとなって生まれた。

同書において、著者は、工業力の遅効性と、現有戦力の優位を唱える。

海上戦闘において、遠方進出が必ずしも、戦力の減衰を意味しないなどの、数学理論に基づいた、従来にない議論を展開。

ターゲッティングの順序の不可逆性など、古典的な法則も、体系的に述べられている。

空母の分散配置が、ある条件のもとでないと勝利に結びつかないなど、従来の常識を大きく、突き崩している。

最新バージョンでは、戦争の基本方程式と空間分割法を用いた戦争シミュレーションの方法や、積分を用いた目標価値の見積もり方法や、工業力が戦力に変換される戦力変換効率の記述など、さらに、多くの数学、自然科学的概念を導入している。

戦争の科学的な分析を、「単なる結果論にとどまらず」行った数少ない、軍事科学の著作になったと思う。