<<集団的自衛権をめぐる不毛な議論をただす2 >>

平成27年 7月11日

7/12 sridブログリリース(sridブログ該当記事

菊地 英宏

集団的自衛権を危険視する議論が激しい。

違憲であるという神学論争から始まり、徴兵制に繋がるとか、自衛隊員のリスクが増大するなど非常に愚かな誤解に基づいた議論が広がっている。

そこで、集団的自衛権をめぐる議論を交通整理しようと思う。

1.集団的自衛権は、軍事的負担の低減を目的としている

現代社会においては、戦力を含めた、多くのリソース(資源)は国家単位で管理されている。このため、この垣根を越えることは、容易ではない。たとえば、ある国で、起きている紛争がいずれ、自国に飛び火したり、敵対勢力が拡大したりして、いずれ、自国にとって脅威になることがわかっていても、さまざまな条件を乗り越えなければ、これに早期に対処することは、難しい。

だが、日本においては、国際的な連携の難しさと言う、本来の障害の手前に、憲法と言う壁があると従来考えられてきた。

本来、ある、共通の敵に対処する際に、各国が国家単位を乗り越えて、リソースを共有できれば、戦力の逐次投入や、各個撃破を避けて効率的に敵を排除できることは明白である。

これは、

部分的な最適の積み上げによる戦果 < 全体的な最適化を施した結果による戦果

と言うことであり、当たり前のことである。

これは、あからさまに言ってしまえば、共通の敵に対処するためには、同盟国ができるだけ協力し合ったほうが、犠牲をもっとも少なく抑えて敵を抑止することができることを示している。

つまり、集団的自衛権を行使しないで、共通の敵に対処するためには、より多くの犠牲と、より多くの戦力が必要であることを示している。即ち、集団的自衛権を行使しない前提では、より多くの冗長な戦力と、より多くの冗長な犠牲が求められることを意味している。

一言で言えば、効率的な戦力リソースの移動と行使ができない制約下では、犠牲の拡大と負担の増大は、不可避である。この現実がわからない人間は、国政を司る資格はない。

2.(徴兵制をはじめとする)文民の兵士としての投入は、効率よりも、戦力を最大値にすることを優先しなければならない事態の発生を意味する。

 文民を兵士として投入すれば、効率が悪い。

当たり前のことである。

だが、例外的に文民を投入しなければならない事態も存在する。それは、はっきり言おう。外征ではない。本土決戦である。お分かりであろうか。

文民は、その性質上、内地で、生産活動に従事していたほうが、生産的であり、より多くの戦力を生み出すことに繋がるという点で、戦場が外部にある場合は、戦争に勝つという目的に合致する。これは、何も軍事産業に限ったことではなく、サービス業なども、民間リソースの最適配置に貢献する産業であり、そして、それは、即ち、生産力の維持、向上に貢献するため、戦争に勝つためには、文民には、内地で、経済活動を行っていてもらったほうがよいのである。

しかし、例外が存在する。敵が内地に侵入し、もはや、経済活動を維持することができず、内地の安全を確保しなければ、それらの人がまったく戦争に貢献できなくなってしまう事態が発生した場合である。

つまり、本土が戦場と化したときである。そのときは、皆が銃を取らなければならない。

一言で言えば、戦争に負けるような事態が発生した場合、すべての人間の安全が脅かされるということである。

3.集団的自衛権の否認をはじめとする過度の安保上の制約は、自衛隊員だけでなく、国民全体のリスクを増大する。

我々は、もう一度、再確認する必要がある。自衛隊が危機に対処できるようになることがリスクなのではなくて、危機に対処できずに、戦争に負けることがリスクなのだということを。

戦争に負ければ、自衛隊員のリスクはもちろん、文民のリスクも増大し、殺害の可能性すらあることを認識しなければならない。

現に、敗戦後、連合国の手によって、多くの国民が、形だけの裁判で死刑にされたではないか。占領軍にとって一般人を処刑する口実など、いくらでもあり、イラクの一般市民が、テロリストと間違われて、処刑される確率を考えれば、わが国が外国に占領されることを許すことなど到底考えられないことがわかると思う。

つまり、集団的自衛権などで過度な制約を設けた結果、戦争に負ければ、そのリスクは、もっとも大きくなることを意味する。

4.法律の自動運用を前提とした国家は、そもそも、成立しない

一部の、野党をはじめとする、自衛権の行使に過度の制約を設けようとする人間たちに共通する感覚は、「法律を厳格に定め、それが、自動的に運用されていることが理想的」という感覚である。

したがって、彼らは、解釈の変更を含めて、動的な運用を一切認めないのである。

そもそも、彼らが言うように、具体的な事態をすべて、特定し、具体的な対処をすべて法律の中に書き込むことが可能であるならば、

“解釈や判例は一切必要がない”

のである。

解釈や判例があるのは、そもそも、

“解釈や判例によって法律の意味がある程度変わる”

からである。

法律とは、そもそも、解釈や、判例によって意味がある程度、変わるように柔軟性を持って作るものなのである。

ある程度の制約と、ある程度の柔軟性、その両立を求めた結果が、解釈や、判例なのである。

これは、法律は、即座に変えられるものではないため、ある程度の幅を持って決めておき、状況によって、運用者の合理的判断が入る余地を残すためである。

5.このような判断は、すべて、法律や、それに基づく、国家の構築は、物理的な意味でシステムを如何に効率的に組むかと言うシステム構築学の領域であるからだ。

憲法に必要な要件は1つしかない。

ⅰ)その国の国民の利益に忠実であること。

そして、そこに生物学的な法則、遺伝子群は、生存と繁栄を求める。が加わると、憲法にかけることには、少なくとも、二つの制約が加わる。

a) その国の国民が変えようと思ったとき、合理的手段で憲法自身を変えられること。

b) その国の国民以外の意思で、憲法が変えられたり、国民の生存権が脅かされたりすることを物理的に阻止できる正当性を付与すること。

そのほかのことも、大まかにⅰ)と、“遺伝子群は生存と繁栄を求める”から、導くことができる。

つまり、憲法や、法律は、自由に書けるようでいて、実は、そうではない。

社会の物理層(フィジカルレイヤ)の制約に従わなければならないからだ。

憲法九条は、b)の原則に反している。

よって、これは、条文として何度書いても、それに効力が発生することはない。

したがって、これ(九条)に反しているか、議論することは、そもそも、法律論として無意味である。

本来、このようなことが議論できることが、“憲法学”であるべきである。少なくとも、学問、科学をなのるのなら、そうすべきであるが、きっと、科学的でない、何かをしているということなのだろう。

書籍版「ミッドウェー海戦が示唆する勝利の法則」近日発売

書籍版「ミッドウェー海戦が示唆する勝利の法則」近日中にアマゾン及び、その他の書店にて、発売です。

戦力をかけた工業力から見積もる方法や、空間格子分割法を用いた、戦争のシミュレーション方法。戦果比例領域と加速度領域についての記述など、戦争という物理現象をわかりやすく、科学的に記述しています。

ぜひ、ご一読を。

菊地英宏

1436169697869-212195431114361699733621038186130

<今、人々の笑顔を護るために科学の力を!>(平和を守るために科学の力を結集せよ!)

2014年11月16日 18:55 facebookにて公開済み

菊地 英宏

科学者がとても、強力な力を発明して、その悪用を恐れ、技術を封印する。

それは、多くのSF映画のストーリーのベースになっている。

しかし、実際のところ、現実をよく理解している科学者ほど、そういった行動はとらない。

なぜならば、自分がその技術を封印したところで、ほかの誰かが、その技術を発明し、使って、破滅を招くことも十分に考えられるからだ。

だから、賢明な科学者は苦悩の中で、技術を公開し、善良なるもの達の手で秩序を維持しようとするだろう。

秋山真之はこんなことを言っている。「有効なる戦術は、その敵に対する漏えいを恐れるよりも、味方全体の共有による益のほうがはるかに大きい」

全くその通りである。

僕が、前代未聞の戦争指導の科学的な手法について具体的に指南する本を公開することに決めたのもそういうことである。

初めは、確かに、この強力な試みが敵に漏えいすることを恐れた。

しかし、今、私は、確信を持っている。日本の善良な人々には、この本の内容を共有し、深め、この本の内容を同様に入手するであろう他国の人々よりもはるかに強力な軍隊を作り上げる能力と意思を持っている。私は、それを強く信じるからこの本を出す。

確かに、科学は悲劇も生み出す。

フランクリン・デラノ・ルーズベルトは、就任後わずか、2か月後にB29開発計画、プロジェクトAをスタートさせ、多くのアメリカの科学者がそれに協力した。そのことのもたらした結果は言をまたない。

だが、私は、日本の科学者たちがその様なことを行うとは全く考えていない。

我々が、20世紀にされたこと。それをすべて飲み込んだうえで、日本はそれでも、世界のすべての人々の幸せを、笑顔を願っている。

それこそが、僕がこの国を、この国の科学の善良な力を信じる強い強い根拠なんだ。

我々は、戦争を望まぬからこそ、強力な軍隊を持たなければならない。そして、それは、科学の力に裏打ちされた本当に強いシステムをベースにするものでなければならない。

そして、戦争を防ぐために、そうして作られた、強い力を使い、世界を導かなければならない。

戦のない世界は、必ず作れる!

だけど、それは、科学の力に裏打ちされ、抑止力に基づいた試みでなければならない。

僕は、科学者の力を総動員して、ポテンシャルエナジーの最も小さな、安定な世界を作ることに成功すれば、必ず、世界は平和になると信じている。

人類の為に宇宙に行こう。夢こそが戦略だ。日本の新成長戦略かくあるべし。

2013年8月12日 1:08 facebookで公開 (2015/07/01一部修正掲載)

菊地 英宏

今年も8月15日がやってくる。1945年8月15日、日本は夢を失った。その後の日本は経済的な夢は持ったかもしれない。しかし、経済的な夢と本当の夢は違う。

私は、自分にもし子供がいて、「金持ちになる」と夢を書いてきたら悲しく思う。とがめはしないが、これが、自分の背中を見た子供の夢かと思うと悲しく思う。そしてそれは、ごく普通の事だと思う。

私たちが大先輩たちに突き付けたのはそういうことなのだ。所得倍増と言えば聞こえは良いが、短冊に

 「金持ちになる」

と夢を書かれた親の背中は泣いていたはずだ。

民族は、国家は夢を持たねばならない。それがなければ生きていけない。しかし、それは、「金持ちになる」

といった次元の低い夢であってはならない。

「独立する。」「自由と民主主義の旗手となる。」「アジア解放を実現する。」「人種差別を一掃する。」

勿論、夢だけではご飯は食べられない。このため、どんな夢も、実利とセット販売である。例えば、「自由と民主主義の旗手となる」も、基軸通貨を握るという裏の夢とセット販売である。

しかし、大事なことがある。歴史上成功したどんな国家や民族の夢も、

 「民族の物語に組み入れられる高尚さ」と「国民が命を懸ける崇高さ」に満ち溢れているということだ。

「金持ちになる」という夢はどうか。

論評するまでもない。日本は短冊に親を悲しませる夢を書いてしまった。では、今から日本はどうすればよいのか。夢はどこにあるのか。

夢はいつでもフロンティアにある。

これは、不変の真理である。未開拓の地には夢が眠っている。どんな時も不変の真理や基本に立ち返れば、我々は答えを得ることができる。

今の、世界で、フロンティアはどこか。

宇宙である。巨大な海軍機動部隊も、原潜部隊も、ステルス機部隊も全て宇宙からの信号で駆動される。

 これから、大国が雌雄を決する舞台は宇宙となる。衛星を、宇宙基地を速やかにおさえ、情報の流れをおさえた国が勝利を手にする。

だから日本は宇宙に行かなければならない。大義名分はある。食糧問題、資源問題、エネルギー問題、地球観測、全ての解決策が宇宙にある。

宇宙空間こそが人類に、日本に残された巨大なフロンティアであり、夢なのだ。

私たちは今こそ夢を持ち立ち上がらなければならない。明治期の日本が独立と、アジア解放を旗印に立ち上がったように、人類の課題に立ち向かうために日本は宇宙に行く。

それこそが国家としての夢であり、国家としての物語であり、日本の生きる道なのだ。

これからは、

「金持ちになる」

ではなく、

 「宇宙に行き真の世界平和を実現する」

 を夢にしよう。そうすれば、日本人の夢は世界の夢となる。ナンバーワンとしての日本が帰ってくるとは言わないが、世界から応援される夢を持つことができれば、日本は強くなる。

宇宙空間の巨大なソーラーパネルは昼夜を問わず発電を可能とし、将来的には水素が核融合の材料として注目されるだろう。レアメタルの月での採掘が可能となりと夢は尽きない。

地球規模の問題に対するアクセスは宇宙に対するアクセスが不可欠である。

そして、重要なことは、大義名分だけでなく、宇宙は、日本に巨大な軍事情報ネットワークを与えてくれる。

宇宙というフロンティアで勝利すれば、日本は再び列強となることができるのだ。

そうすれば、我々のやり方を貫けばよい。

 「搾取ではなく、共生を、対立ではなく和解を、分割ではなく、統一を」

日本は過去そうやって生きてきた。不幸なことに、その正しさが、逆手にとられた時期がある。

 しかし、今や、宇宙から、強い日本は帰ってくるのだ。

日本は過去の歴史から学んだプラグマティズムを、もともと内包する強く正しき日本と融合することによって逞しく復活できるのだ。

 指導者よ。今こそ、強く、理想を語れ、夢を語れ、そしてそれは、戦略的で民衆を鼓舞するものであり、同時に不変の真理でなければならない。

日本は正しく生きてきたではないか。搾取ではなく、共生を目指し、対立ではなく和解を目指し、分割ではなく統一を目指して流れた多くの血を、命を今こそ振り返ろう。

彼らに応えるためにも、日本は

「金持ちになる」

等という短絡的思考ではなく

 「宇宙に行き、真の世界平和を守る」

 という崇高な理想に生きなければならない。

日本は命をかけるに値する国家であったし、これからもそうあらねばならない。

ここで、日本が如何に偉大で夢の為に命を懸けるに値する国家であるか書く。

1910年4月15日は、第六潜水艇がガソリン航行試験中に沈没し、佐久間艇長以下14名全員が殉職した日である。

殉職した乗組員は、一部を除いて持ち場で任務を全うし、殉職しており、残る一部の乗組員もパイプの破断箇所の修繕に最後まで力を振り絞って息絶えていた。

ガスが充満する艇内で佐久間艇長は明治天皇に艇の喪失と部下の死を謝罪し、この事故が潜水艇発展の妨げにならないことを願い、事故原因の分析までしている。

技術とは左様なものなのだ。夢とは左様なものなのだ。国家とは左様なものなのだ。

いかなる犠牲を払おうとも、夢の実現のために、技術の実現のために国家は鳴動し進んでいく。

この佐久間艇長以下、14名の思いを、歴史上に連なる、日本に命を捧げたすべての先人達の思いを知ってなお、

「夢は金持ちになることだ」

と言えるだろうか。

 この世の中、自分の命より大切なものはあるか。

 もちろんある。それは愛する人の命であり、それを育んだ国家の命であり、その国家を支える夢である。

その不変の真理を、知っていたからこそ、多くの荒鷲達が、若人達が、その命をアジア解放のために散らした。

彼らは、愛する人の命のために、それを育んだ国家の命の為に、それを支える国家の夢の為に殉じていったのだ。

 1945年の8月15日をもって国家が断絶したわけではない。我々はその日を境に夢を見ることを忘れ、国家の価値を忘れたのだ。

それでも、国家に殉じた人々はいる。

平成11年11月22日、T33練習機に乗った二人の優秀な空自パイロットが逝った。彼らは、最後までエンジントラブルを抱えた機を操縦して、住宅地に被害のない位置まで誘導した後、2度目のベイルアウト宣言して逝った。二度目のベイルアウト宣言は、そしてベイルアウトは、射出シートの整備員に対して、自分たちの死が決して、その整備不良にあるのではないことを示すために行ったと言われている。最後まで仲間を気遣った、立派で誇りある死である。

彼らにとっては今の日本も十分に誇りある、夢のある日本なのだ。

私はそんな彼らを誇りに思う。

 彼らの尊き背中を追おう。夢を追おう。そこには日本がある。