「戦場の科学」勝利へのアルゴリズム 12月8日発売

代表 菊地英宏が執筆した「戦場の科学」勝利へのアルゴリズムが12月8日にはるかぜ書房より発売となりました。12月13日現在、はるかぜ書房のサイトにて直販、アマゾンにて販売中です。順次全国書店にて発売となります。

軍拡に関する数理モデル、投入した工業力と時間による戦力のベンチマークの方法。それにより、導かれる時間効果。戦闘の定量的なシミュレーションの基礎となるランチェスター第二法則の微分方程式を導く原理。ランチェスター第二法則の微分方程式から戦力の二乗則を導く方法。ランチェスター第二法則に工業力(軍事生産力)との相互作用を導入する方法。現有戦力と工業力のどちらがより価値を持つのか、数値解析を行い示している。さらに、戦力投射と戦力密度の関係性。領土拡大の限界の計算方法。戦争のコンピュータシミュレーションの方法。開戦後の工業力の増加現象に対応する数理モデル。国家の意思決定に対する数理モデルによる科学的アシストの方法。確率統計の考え方を作戦立案に応用する方法。平和構築のために軍備を適正量に管理するする方法など、そのカバーする軍事科学の領域は多岐にわたる。本書の内容は、具体的かつ、数式を使った定量的なものに終始しているが、その目的は、平和を構築し、維持し、戦争が起きた際も人命の損失を極力抑えることにある。そのために、敢えて定量的な分析を徹底的に行っている。

まえがき
目次
第1 部 戦力の効果的な行使法
 第1 章 戦力の稼動率を上げるために……14
 第2 章 目標決定の方法(目標設定の順序性)……33
 第3 章 戦力の集中と分散の利用……44
第2 部 戦争設計と方程式 (工業力の導入)
 第4 章 戦争の数学的設計……64
 第5 章 戦争の基本方程式の応用……82
第3 部 さらなる発展
 第6 章 リソース投入関数の導入と
微分方程式による国家の意思決定 ……98
 第7 章 作戦立案と確率論……109
 第8 章 形作る者が勝利を手にする…….114
 第9 章 平和構築の科学理論……117
二枚の表紙の狭間で
あとがき

版元 はるかぜ書房の紹介ページ (直販もしております。)http://www.harukazeshobo.com/%E3%80%90%E6%96%B0%E5%88%8A%E3%80%91%E8%8F%8A%E5%9C%B0%E8%8B%B1%E5%AE%8F%E3%80%8E%E6%88%A6%E5%A0%B4%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%80%8F%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4/